フリー・オープンソースの顧客管理システム

アップデート手順

現在のアプリケーションを最新のバージョンに更新する方法です。
1. データのバックアップを取ります。
2. 最新版をサーバーにアップロードし、セットアップを実行します。
3. ファイルを移行し、パーミションを変更します。

データのバックアップ

現在のデータのバックアップを取ります。

1. データベースのバックアップ

使用しているデータベースがMySQLの場合はデータベースのバックアップを取ります。
データベースがSQLiteの場合は customer/application/database/database.sqlite2 がデータベースファイルです。

2. 設定ファイルのバックアップ

設定ファイルは customer/application/config.php です。

最新版のアップロードとセットアップの実行

最新版の圧縮ファイルを解凍し、Webサーバーの任意のディレクトリにアップロードします。
このとき、現在のアプリケーションのディレクトリ名を変更するか、最新版のディレクトリ名を 別の名前にしてアップロードします。
(上書きはおすすめしません。)

customer/application/config.php のパーミションを 606 または 666 に変更します。

最新版のセットアップページ customer/setup.php にブラウザでアクセスしてください。
「セットアップの種類」で「アップデート」を選択してサーバー情報を入力し、「実行」をクリックします。
入力項目の詳細はこちらを参照してください。
セットアップが開始されます。
セットアップが完了したら「customer/setup.php」を削除します。

ファイルの移行とパーミションの変更

データベースがSQLiteの場合は、customer/application/database/database.sqlite2 を最新版に上書きします。
移行したファイル/ディレクトリのパーミションを変更します。
(サーバーのOSがWindowsの場合、またはサーバーの環境によってはこの手順は必要ありません。)

ファイル/ディレクトリパーミション
customer/application/config.php604 または 644
データベースがSQLiteの場合は
customer/application/database/database.sqlite2
606 または 666

以上でアップデートは終了です。
最新版のディレクトリ名を現在稼動中のアプリケーションとは別の名前をつけてアップロードした場合は 最新版のディレクトリ名を現在稼動中のアプリケーションのディレクトリ名に変更します。
ログインし、動作確認してください。

サポートページトップに戻る